Shared Pose Database - シェアドポーズ データベース

Brian Genna -

Shared Pose機能を使用することにより、複数の撮影ファイル間やプロジェクト全体でキャラクターのポーズ(表情)を共有することが可能になる為、ポーズライブ ラリーに容易にアクセス可能な為作業時間やコスト削減に役立ちます。この機能は多数のアニメーターがひとつのキャラクターをアニメーション編集するにあた り、首尾一貫したフェイシャルアニメーションを生成する為に便利な機能になります。また、Shared Posesライブラリを設定することにより、全てのポーズの登録が無い状態で無表情のキャラクターから開始する必要がなく、時間の短縮にもなります。この ようにShared Poseはアニメーションクオリティーの維持、時間節約に大いに役立ちます。

Shared Pose Databaseは下記二段階にて作成できます。1)データーベースファイルを作成する。2)作成したデーターベース内にポーズを追加する。既に存在する Shared Pose Database内にポーズを追加する際は、データベース作成のステップは飛ばして下さい。

Creating the Shared Pose Database File (.IMDB) - Shared Pose Databaseファイル作成

Shared Pose Databaseファイルを作成するには、まずRetargeterウィンドウ内最上部のメニューからAdvanced > Preferences > Servicesと行きます。ウィンドウ内右側のRetarget locallyグループ内にCreate...ボタンがあります。

Create_shared_pose_database_01.jpg

Saveウィンドウが出ますので、任意の名前を付け、任意のパスを指定し作成します。一つのファイルで多くのキャラクターやプロジェクトで流用可能 ですので、ファイルのパスや名前は一般的な物をお勧めします。ファイルの保存先はネットワーク上など作業される方と共有可能なパスに保存することをお勧め します。

Adding Poses to the Shared Pose Database - Shared Pose Databaseへのポーズ追加

Shared Pose Databaseにポーズを追加するにあたり、RetargeterのPreferences内でオプションを有効化する必要があります。 Advanced > Preferences > General内のShow Advanced User Interface Elementsのチェックボックスにチェックを入れて下さい。

Advanced_user_elements.jpg

このオプションを有効にすることにより、作成されたポーズを右クリックするとAdd as Shared Poseのオプションが表示されるようになりますので、選択してください。選択されたポーズはShared Pose Databaseと同期されます。他のアーティストの方はPerformanceを再読み込みすることにより、更新されたポーズをAuto Pose機能で使用可能になります。

Add shared pose.jpg

Have more questions? Submit a request

Comments

this.location="http://support.facewaretech.com"
Powered by Zendesk