トラッキングモデルのインポート/エクスポート

Brian Genna -

AnalyzerはImport Tracking ModelとExport Tracking Modelのオプションを使用することにより、既にトラッキングが完了した同じアクターのデータを使用して他のデータを処理することが可能です。この機能 によりトラッキングをより迅速に行え、特に同じアクターのシーケンスが数多くある場合、それぞれのデータ処理を始めるにあたりかなりの時間を短縮できま す。

Importmodel menu.jpg

Export Tracking Model - トラッキングモデルのエクスポート

トラッキングモデルをエクスポートすると、ショット内の数値化されたモデルデータとそれぞれのトレーニングフレームがエクスポートされます。インポート後モデルの追加情報やトレーニングフレームの数は必要に応じて追加しモデルを修正することが可能です。 処理済みのトラッキングデータのエクスポート方法は下記になります。

  1. 3つMarkupグループ全てが処理されている必要があります。
  2. Fileメニュー内のExport Tracking Modelを選択します。
  3. 任意の保存先へ名前を付け保存します。それぞれアクター別にフォルダを作成することをお勧めします。
  4. 下記のようなエクスポートが正常に完了したとの確認メッセージが表示されます。
エクスポート完了メッセージ
  • Import Tracking Model機能を使ってインポートしてきたファイルをエクスポートする際には既存のファイルを上書きするか聞かれます。Yesを選んだ際には新しいモデル とトレーニングフレームをフォルダに追加します。しかし、既にインポートされた全てのモデル、トレーニングフレームも同フォルダに保存されたままになりま す。この様にデータ量が増え、モデルもより完成された状態になります。

Import Tracking Model - トラッキングモデルのインポート

Import Tracking Model機能は既にエクスポートされたモデルとトレーニングフレームをAnalyzer内の新しいJobへ持っていく機能になります。 新しいファイルへトラッキングデータのインポート方法は下記になります。

  1. 通常通り新しいJobを開きます。
  2. FileメニューからImport Tracking Modelを選択します。
  3. インポートするデータが格納されているフォルダを選択します。
  4. インポートが成功した場合は、下図のようにインポート完了のメッセージが表示されます。
Import Model Confirmation
インポート完了メッセージ

Using Imported Data - インポートデータの使用方法

To use the data: インポートデータの使用方法は下記になります。

  1. 任意のMarkupグループにてトレーニングフレームを一つ設定します。目、口、眉のどのグループでも構いません。(但し、Faceグループはワークグループではなくレビュー用の為Faceグループ全体では作業しないでください。)
  2. 通常通りTrackボタンをクリックします。
  3. トラッキングが完了次第、結果をレビューします。必要があれば通常通りトレーニングフレームを追加します。
  4. トレーニングフレームを追加した場合、Trackメニュー内のTrain Model - Allを選択してトレーニングするようにしてください。このボタンではインポートされたものとシーン内で新しく作成されたトレーニングフレーム両方を使 い、モデルをトレーニングします。
  5. この作業をそれぞれのMarkupグループ内で処理が完了するまで繰り返します。
  6. 必要であれば、上記のようにトラッキングモデルをエクスポートします。
  • Train Model - Localは読み込まれているシーン内のトレーニングフレームのみ作業する際に使用します。この機能は、トレーニングフレームの数が増えすぎた際や、インポートしたフレームがうまく機能しなかった際に使用します。
  • Export Tracking Model機能でエクスポートされたデータを2つ使用し良いモデルを得れた場合、それ以上データを追加しないことをお勧めします。似たようなトレーニングフレームが多数存在するとトラッキングデータにノイズが乗る可能性が増えます。
Have more questions? Submit a request

Comments

this.location="http://support.facewaretech.com"
Powered by Zendesk