Analyzerユーザーインターフェース

Brian Genna -

Analyzerユーザーインターフェース

Jump to: navigation, search
User interface.gif

 

1. Title bar - タイトルバー

タイトルバーにはソフトウェアのバージョンと共に処理中のファイル名とパスが表示されます。

2. Menu bar - メニューバー

メニューバー内のドロップダウンメニューの詳細は下記になります。 The drop down menus in the menu bar are as follows:

File - ファイル

  • New (ctrl+n) – ビデオファイルから新しいJobを作成します。
  • Open (ctrl+o) – 既存のトラッキングJob(.impdファイル)を開きます。
  • Save (ctrl+s) – Job内の変更を保存します。
  • Import Tracking Model – 既にTrainされたモデルをインポートします。
  • Export Tracking Model – Trainされた最新のモデルをエクスポートします。
  • Exit – アプリケーションを閉じます。

Edit - エディット

  • Undo (ctrl+z) – 最新のコマンドをアンドゥします。
  • Redo (ctrl+y) – 最新のアンドゥをキャンセルします。
  • Copy Landmarks (ctrl+c) – 選択されたLandmark(ランドマーク)の値をコピーします。(ランドマークが選択されていない場合、表示されているMarkupグループ内の全てのランドマークの値がコピーされます。)
  • Paste Landmarks (ctrl+v) – コピーされたランドマークの値が現在のフレーム上にペーストされます。
  • Interpolate Frame (del) – 現在のフレーム上の選択されたランドマークを削除します。
  • Interpolate Range (shift+del) –選択されたレンジ内全てのの選択されたランドマークを削除します。
  • Reset Markup Group – 現在のフレーム上の選択されたMarkupグループ内の全てのランドマークをリセットしデフォルトの値に戻します。
  • Lock Landmarks (ctrl+l) – 選択されたランドマークの値を上書きされないよう保護します。
  • Drag Mode – Normal (F2) – それぞれのランドマークを手動で移動するモードになります。
  • Drag Mode - Intelligent Drag (F3) – 選択されドラックされたランドマークと共に同じMarkupグループ内全てのランドマークを自動的に移動させるモードになります。
  • Options – ランドマークのカラーを変更します。

View - ビュー

  • Inactive Landmarks – どのMarkupグループが選択されている場合でも全てのランドマークを表示します。
  • Tooltips – ランドマークへカーソルを合わせると名前を表示するツールです。

Play - プレイ

  • Play/Stop (ctrl+space) – ショットのシーケンスをスタート/ストップします。
  • Prev Training Frame (ctrl+left) – タイムライン上で一つ前のトレーニングフレームに飛びます。
  • Next Training Frame (ctrl+right) – タイムライン上で次のトレーニングフレームに飛びます。
  • Rewind – シーケンスの最初のフレームに飛びます。
  • Fast Forward – シーケンスの最後のフレームに飛びます。
  • Set Play Range to Selected Range – タイムライン上選択されたレンジのみを表示します。
  • Set Play Range to Job Range – タイムライン上ショット全てのレンジを表示します。

Markup - マークアップ

  • Mark Selected Landmarks (ctrl+t) – 選択されたランドマーク(点)をマークアップしトレーニングフレームを作成/削除します。
  • Mark Landmark Group (ctrl+g) – ランドマークグループをマークアップしトレーニングフレームを作成/削除します。
  • Mark Markup Group (ctrl+m) – マークアップグループをマークアップしトレーニングフレームを作成/削除します。

Track - トラック

  • Train Model – All – インポートされたトレーニングフレームやローカルのトレーニングフレームを使いモデルをトレーニングします。
  • Train Model - All Local (F5) - ローカルのトレーニングフレームのみをトレーニングし、インポートされたトレーニングフレームはトレーニングしません。
  • Train Model – Selected (F6) – 選択されたレンジ内のトレーニングフレームのみトレーニングします。
  • Track (F7) – Valid Region内のフレームのみトラッキングします。
  • Track – All (F8) – シーケンス全てのフレームをトラッキングします。
  • Track – Selected (F9) – 選択されたレンジのみトラッキングします。
  • Track – Section (F10) – 現在のフレームの直前直後のトレーニングフレーム間のみトラッキングします。
  • Parameterize (F12) – シーケンスをパラメタライズします。

Help - ヘルプ

  • Online Help - インターネットブラウザを開き、Facewareサポートページへ飛びます。
  • Tutorials - インターネットブラウザを開き、Facewareビデオチュートリアルページへ飛びます。
  • About - ソフトウェア情報のウィンドウを表示します。

3. Toolbar - ツールバー

Toolbar new.jpg
  1. New – 新しいJobを作成します。
  2. Open – 既存のJobを開きます。
  3. Save – 現在のJobを保存します。
  4. Copy – 選択されたランドマークをコピーします。
  5. Paste – ランドマークを貼り付けます。 (コピーされている時にのみ有効です。)
  6. Markup Group – 有効なマークアップグループを選択します。 (顔、目、眉、口)
  7. Drag Mode – 有効なドラッグモードを選択します。
    • Normal – 選択された点のみ手動で移動します。
    • Intelligent drag – 手動で移動する点とともにその他の点も一緒になって移動します。
  8. Train – 全てのモデルをトレーニングします。
  9. Track – 全ての有効な範囲をトラッキングします。(モデルがトレーニングされた状態でのみ有効です。)

4. Timeline - タイムライン

Timeline numbered.jpg
  1. Timeline view first frame – タイムライン上の最初のフレームを表示します。手動で最初のフレームを入力し設定することが可能です。
  2. Training frame indicator – タイムライン上トレーニングフレームが作成されているフレームが緑色に表示されます。
  3. Current frame indicator – 現在のフレームを表示します。タイムライン上をスクラブもしくはクリックすると移動します。
  4. Playback controls – 左から右の順で – ファーストフレーム、直前のトレーニングフレーム、一つ前のフレーム、プレイ/ストップ、次のフレーム、次のトレーニングフレーム、ラストフレーム
  5. Timeline view last frame – タイムライン上の最後のフレームを表示します。手入力で設定することが可能です。
  6. Current frame number – 現在のフレームを表示します。手入力で任意のフレームに飛びます。
  7. Playback speed – 撮影されたネイティブのフレームレートからプレイバックのスピードを設定できます。

5. Status bar - ステータスバー

Statusbar numbered.jpg
  1. フレームレンジ
  2. Model notification – この乱はモデルがシーン内でトレーニングもしくはインポートされるまでグレーアウトしており、ユーザーはトラッキングが完了したか判別可能になります。
  3. Zoom slider – ズームレベルをコントロールできます。パーセント部分をダブルクリックすることにより100%の状態に戻します。
Have more questions? Submit a request

Comments

this.location="http://support.facewaretech.com"
Powered by Zendesk